ABOUT

夢宇について

宇宙に咲く夢をイメージしたネーミングです

私は、常に宇宙における愛と平安を願っています。 
「ヒーリングスペース夢宇(むう)」と名づけた理由は、この地球という美しく輝く星の物語の中で、まだ証明されていない幻のムー大陸にあこがれ、夢やロマンを感じていて、その頃の人たちの宇宙観を勝手にイメージしてつけました。「ムー」の音の響きも好きです。
超古代のムーの時代の人びとは、きっとこんなかんじだったんだろうなぁと想像しています。「Love&Peace=Balance(中庸)」をとても大事にしていたような気がしてます。今の人類よりももっと身体も大きくて、大自然と共生し、宇宙との交信が普通にできて、のんびりと暮らしながら、全てと調和していて、長閑で平和な時代だったんだろうなと、どんどん私の中で想像が膨らんでいます。その時、「宇宙に咲く夢」という言葉がインスピレーションで降りてきて「夢宇」となりました。

バランスが崩れている状態とは
  • 人間関係がうまくいかない
  • 何をしたいのか、自分の本当の欲求がわからない
  • 常にビクビクしてしまう、臆病な自分がいや
  • すぐにカッとなってしまって夫や子どもにうまく接することが出来ない
  • 恋愛関係がいつもうまくいかない、同じような相手をえらんでしまう
  • 両親との関係が硬直してしまいどうしてよいのかわからない
  • 働きたい気持はあるが、なかなか動き出せない
  • 大切な人との生別・死別から立ち直れない
  • うつやパニック障害、神経症と病院で言われたがどうしようもない
  • 自分は生きている価値がないようにおもう

人には100人100通りのそれぞれの悩みがあります。セラピーによって心とからだを通して、内なるコスモ(小宇宙)のバランスをととのえることで、各個人の内側に愛と平和をもたらし、生命エネルギーを満たします。そのような個人の内側にある「LOVE&PEACE」は、同時に外にある世界(大宇宙)にも大きく影響を与えると、私は信じています。ヒーリングスペース夢宇は、そんなすべて存在のバランスをとることに、繋がって行くことを願ってつくられたスペースです。

「心と身体と魂の癒しスペース」

人が自分の内側で起こっていることに気づくとき、本当の自分らしさを生きるための知恵と創造性を手に入れることになる。気づきとは「真の自己」からのメッセージを受けとるということである。
そしてその気づきを受容するとき、そこには、今までの人生で「もう、どうにもならない」と思っていたことから抜け出すための、素晴らしい知恵がたくさん詰まった宝箱に出会えるのである。

その宝箱の中にある知恵を自由自在に選び出し、使いこなせたなら、きっとあなたの人生は、楽しく輝かしいものになるに違いない。知恵を手にしたあなたの命は、暖かい無限の光に降りそそがれながら、 創造性をもって本来の自分をとりもどすことができるであろう。 つまり、ありのままで存在することの自由をとりもどすことなのである。

PROFILE

プロフィール

川口 真由実
セラピスト 川口 真由実 Mayumi Kawaguchi

・ ハコミ公認トレーナー
・ (社)認定心理士
・ キーアートインストラクター

大阪生まれ、大阪在住。
武蔵野大学卒(心理学専攻)。その後、立命館大学大学院で応用人間科学研究所・臨床心理域にて科目等履生として2年間在学し「精神医学」「家族関係論」「家族造形法」「人間学」他単位修得。また関西学院大学人間福祉学部において「死生学」を学ぶ。ホスピスや緩和ケアにてカウンセリングボランティアを経験する。
2001年にハコミセラピーに出会い3年間の認定コースを修了しハコミ認定セラピストを取得。2012年にハコミ公認ティーチャーを取得。2005年に「ハコミ・ジャパン大阪事務局」設立、大阪でもワーショップを開催。2007年、認定ハコミセラピストを取得し、ヒーリングスペース夢宇にて、個人セッションを始める。2010年11月1日よりOHTS「大阪ハコミセラピースクール」関西においてのハコミセラピスト養成機関を設立、ハコミのワークショップ並びトレーニングを主催する傍ら、講師としても依頼を受け各地で活躍中。  「小西統合医療内科」にて、個人セッションおよびグループワークに携わる。最近は、個人セッションにアートセラピーなども取り入れている。楽描輝キーアートインストラクター、和パステルアートインストラクター、TCカラー認定セラピスト、パステリア書インストラクター等の資格も有する。 2014年10月MCTAマインドフルネス&カラーセラピー協会を立ち上げる。
日本心理士学会/日本トランスパーソナル学会/日本トランスパーソナル心理学・精神医学会 会員

ごあいさつ
この度は、「ヒーリングスペース夢宇」のホームページをご訪問頂き、ありがとうございます。

ヒーリングスペース夢宇では、皆さまに『心と身体と魂のトリニティ・ケア』をさせて頂いております。自分の人生を振り返ってみたときに、楽しいことや苦しいことがいろいろあったけれど、今は、全ては自分が作り出したものなのだな、ということがほんとうの意味でよくわかるようになりました。

結婚して3年目にそろそろ子供が欲しいのにできなくて病院に行くと、脳下垂体に腫瘍がみつかりましたが、不妊治療のおかげで一人目を授かることができました。そして長女が3歳になったときに、子供の頃からやってみたかった、右も左もわからないまま、思いきって演劇の世界に入りました。周りの人からは、突飛でもないことをやってと驚かれましたが、そこで9年間役者の仕事をしていました。そういった仕事柄もあり「人間って何なのだ?」という疑問が湧き、精神世界にも興味をもつようになりました。長女が生まれて、腫瘍のために二人目を諦めた11年後、自然妊娠で二人目を授かり、それを機に役者をやめ、精神世界からも遠ざかり、子育てに専念することにしました。次女が幼稚園に行くようになって、さて、これから自分に何ができるのだろうと模索する日々が始まり、ようやくたどり着いたのが枇杷葉温灸の治療師でした。
身体にもとても興味があり面白かったのですが、治療を続ける中、何かもの足りなさを感じるようになり、さらに自分がやりたいことは何だろうと、再度模索し始め、人の心や魂のケアにも携わってみたいと思い、心理占星術を学び始めました。それがきっかけとなり、ハコミ・セラピーに出会い、これなら『心と身体と魂のケア』ができると直感し、今はハコミを中心に、皆さまにセラピーを提供させて頂いております。また、2012年にはパステルアート、その後キーアートにも出会い、今ではアートセラピーも取り入れ、楽しくセラピーに取り組めるようにしました。

これまで自分がやってきたことは一見バラバラのようにみえて、『何やっているんだろう私って?』と思い悩むこともありましたが、マインドフルネスで自分をしっかりと見つめ直し、自分を知ること続けてきたことで、実は自分の人生の集大成が今ここにあるのだと気づき、何一つ無駄などなく、失敗や間違いなどではなかったということがわかり、いろいろなことが腑に落ちました。そして、私の魂が望んでいることは、少しでも多くの人が幸せになれるようにサポートすることだと確信しました。

皆さまとのご縁に感謝致します。

ヒーリングスペース夢宇 代表 川口真由実
ページ上部へ戻る