お知らせ

『癒しの杜-にしかわクリニック』心理学&瞑想【 全5回】

寒い日が続いていますね! 外に出るのもおっくうになってしまいます。冬は日照時間も短くて人はメランコリー(憂鬱)に陥りやすい季節といわれています。これを「季節性メランコリー」といって秋から冬場に起こりやすく落ち込んだり、物悲しかったり、暗い気持ちになったりします。

これは、脳内ホルモンのセロトニンという精神伝達物質が作用しているといわれています。セロトニンは幸せホルモンと呼ばれる物質で、私たちに幸福感や満足感を感じさせてくれるハッピーなホルモンなのですが、日照時間が短くなる秋から冬にかけてセロトニンが不足しがちになるのです。寒いとついつい外に出ることも減り、太陽の光をあびる時間が少なくなります。そうするとセロトニンが不足してしまいます。セロトニンを増やすには太陽の光を浴びることが必要なのです。

では、セロトニンが不足すると具体的にどんな症状がでるのでしょうか? イライラしたり、不安が出たり、落ち込んだり、満腹感が得られなかったりして過食してしまったり、他にも心身ともに不調をきたしかねません。

そんなセロトニンを増やすには、運動や、食事でトリプトファンやギャバを増やすことも必要です。それと最近わかってきたことは、「マインドフルネス瞑想法」がとても有効的だとデータで解ってきています。

この寒い冬だからこそ、朝から外気に触れ「癒しの杜-にしかわクリニック」に足を運んでみませんか?どの回からでも受講いただけます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

開催日時 : ③12月16日(土)・④2018年1月20日(土)・⑤2月17日(土)  9時~10時半まで

場 所 : 『癒しの杜・にしかわクリニック』内  大阪市東住吉区北田辺6-6-3                                                 

講 師 : 川口真由実 (認定心理士/ハコミトレーナー)

参加費 : 各回 1000円 (当日持参)

持ち物等: 筆記用具 バスタオル等(下に敷いたり、ひざ掛け用) 楽な服装でお越しください。

お申し込みは、『ヒーリングスペース夢宇』 まで

Tel 0666231991

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る