ブログ

脳と覚醒


覚醒というと、危うい感じがする人もいると思いますが、本来、無意識的に人類は常に

超越的なものをもとめて生きているんだと思います。

自分自身が超越意識(覚醒)することへに憧れをもつ人たちもいます。

しかし、覚醒についての明確な答えは、今の脳科学をもってしてもまだ全てが解明されて

いるわけではありません。

心(意識・無意識領域)は脳と切り離しては考えられませんから、覚醒とはどんな状態

なのか、脳の研究がさらに解明されていくのはとても楽しみです。

さて、私たちの心の動きは脳に依存しているわけですが、脳にダメージを受けると心も

ダメージを受けるわけです。脳内物質のちょっとした科学的変化でも、私たちの気分は

一瞬に変わりますよね。

今までボーっとしていたところに、何か突然不快な衝撃が起こると、ムカッ!と腹が立

ったりするのも脳内物質が影響しています。こういった気分の変化のほかにも、集中力や

記憶力にも左右してしまうのです。

覚醒状態では、そういったちょっとした脳内の変化に動じないのか、脳内に変化を生じさせない

状態なのかわかりませんが、チベット僧などが深い瞑想状態に入ると、とにかく脳波は強力な

ガンマー波をだしているらしいのです。

私たち一般人が、チベット僧のようになるのは大変かも知れませんが、せめて自分の人生を

楽しく幸せに過ごすために、この覚醒といわれる状態が、日常にちょこちょこと役立てられたら

人はもっと幸せかつ平和に暮らせるのではないかと思います。

ということは、脳そのものに個性があるとしたら、その個性が自分を苦しめる心が場合には

意識を変えることで脳内物質をコントロールできるということだと思います。

覚醒とは、何も大それたものでなくても『気づき』という状態もある意味、覚醒していると

いえるのではないかと思っています。つまり仏教でいうところの「小乗の悟り」です。

その積み重ねが、最終的には覚醒(大悟)に繋がっているのではないでしょうか。

そのために有効なのがなんといっても『マインドフルネス』です。

たった5分でも大丈夫です。我々は、チベットの修行僧ではありませんから(笑)

ぜひ皆さんも、日常の中で挑戦してみてください!

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る