夢宇について

ごあいさつ
この度は、「ヒーリングスペース夢宇」のホームページをご訪問頂きありがとうございます。

ヒーリングスペース夢宇では、心身一如という考え方をベースに心理療法(認知行動療法)を皆さまに提供させて頂いております。

私自身の人生を振り返ってみたときに、今まで楽しいことや苦しいことがいろいろありました。 そんないろいろな人生体験の集大成が今の私自身でもあります。そんな私が皆さんのお役に立つツールとして活かせるセラピストという仕事に出会えたことは、心から嬉しく思っています。

振り返ると、結婚して3年目そろそろ子供が欲しいと思ったが、なかなかできなくて体調もあまりよくないこともあり病院へ行くと、下垂体腫瘍がみつかりました。 そのため妊娠が難しいことが分かりかなり落ち込みましたが、不妊治療のおかげでなんとか長女を授かることができました。しかし娘が生まれたことで姑の干渉が酷くなり、私のすることに対し何かにつけ否定されることが多くなりました。自分の意思や自由を奪われたように感じていた私は、ストレスから抑うつ気分が続き、笑顔もなくなり、このままでは自分がもたないと思い離婚を考えるほどまで心身共に疲れきってしまいました。しかしある本がきっかけとなり、もしかして自分が自分を縛っているのではないかということに気がつきました。それは目から鱗が落ちるような気づきでした。 そこから私の気持ちは一転し、これからはもっと自分らしく生きようと決めました。 まず私は何をしたいのかを自分に問いかけてみました。すると、「役者をやってみたい!」と心の奥から大きな声が聞こえました。そしてその自分心の声を素直に受け止め、右も左もわからない演劇の世界に飛び込んだのです。 その時長女は3歳、周りの人たちからはあきれられたり驚かれたりしましたが、私は動じることなく自分のやりたい道に進みました。それから9年間、某プロダクションに所属し役者として仕事をしていました。役者というのは自分以外の誰かを演じる訳ですが、続けていくうちに「人間って何だ?」という疑問にぶちあたりました。そんな疑問を知りたくなった私は、答えを知りたくていろいろ模索しはじめ精神世界というものに出会いました。人間って何?何で生まれてくるの?人はどこに向かって生きているの?生きるって何で苦しいの?等々を解明したくて精神世界の本を読みあさる日々でした。これがベースとなって後に心理学の道へと入っていくことになりました。

役者を辞めたきっかけは長女を産んでから11年目、不妊治療薬でアレルギー反応を起こしたので2人目の子供は諦めていたのですが、予期していなかった2人目の妊娠でした。最初は驚きやまどいや嬉しさやらで混乱しましたが、無事に次女がこの世に誕生しました。次女の出産を機に役者を辞めて、しばらくは子育てに専念しましたが次女が幼稚園に行くようになってから、そろそろ何か活動を開始したいという思いがでてきて役者には戻らずに、また別の道を模索し始めました。そして紆余曲折しながらようやくたどり着いたのが枇杷葉温灸の治療師でした。身体や病気等についても興味があったので、とても面白かったのですが治療を続ける中で何かもの足りなさを感じるようになりました。ほんとうにこれは自分がやりたいことなのかと疑問を持つようになり、治療師を続けながら、また次なる自分のやりたいことを探し始めました。そこうこうして分かったことは、私は人の心や身体、魂(生命)のケアをしたいのだとわかり、そこで心理占星術を学び始めました。それでも何か違う気がして更に探し求めてたどり着いたのがトランスパーソナル心理学でした。 そこでハコミセラピーという認知行動療法にめぐり合い今に至っています。 ボディ・センタード・サイコセラピー(身体を中心とした心理療法)のハコミに出会ったとき、私が求めていた心身一如のケアにぴったりだと感じ、ピンとくるものがありました。

まさか自分が心理学の世界に入っていくとはまったく思いませんでしたが、思いのほか自分に合っていたようで楽しくて仕方がなくどんどんいろんなこと学びたくなり通信制大学の心理学部に入学しなおし認定心理士の資格を取得しました。

人生って何が起きるかわかりませんが横道にそれたり失敗したりしても無駄など何一つなかったなとつくづく思います。

私の本質(魂)が望んでいることは、少しでも多くの人が『幸せに、自分らしく、自由に生きられるように心と身体と魂(生命)のサポートすること』です。

これからもハコミセラピーを中心に、皆さまの心の成長や癒しを目指してサポートを続けていきたいと思います。

皆様とのご縁に心から感謝いたします。

ヒーリングスペース夢宇 代表 川口真由実

宇宙に咲く夢をイメージしたネーミングです

「ヒーリングスペース夢宇(むー)」は、科学的には証明されていない幻の大陸である「ムー大陸」に夢やロマンを感じ、その頃の人たちの宇宙観をイメージしてつけたした屋号です。

超古代のムーの時代の人びとは、きっとこんな人たちだったんだろうなぁ、という勝手な想像ですが、「Love&Peace=Balance(中庸)」をとても大事にしていたような気がしてます。今の人類よりももっと身体も大きくて、大自然と共に共生し、宇宙との交信が普通にできて、のんびりと暮らしながら、全てに調和していた長閑で平和な時代だったんだろうなと、どんどん私の中で想像が膨らんでいきます。その時、脳裏に「宇宙に咲く夢」という言葉がパッと浮かび「夢宇」とネーミングしました。

「心と身体と魂の癒しスペース」

あなたの内側で、起こっていることに気づくとき、あなたは、ほんとうの自分らしさとは何かを知ることになる。「真の自己」からのメッセージは、今までのあなたが信じていたことを全て覆すことになるかもしれません。
しかし、そのメッセージを信頼し受容するとき、そこには今までの人生で「もう、どうにもならない」「無理だ」と思っていたことから抜け出すための、素晴らし叡智に触れることができます。「あなた自身が、あなたのことを知る!」ことで、あなたに最高の癒しが起こり、より魂に沿った生き方ができるようになるのです。

あなたの深いところには、宝の箱(叡智)があることに気づいてください。そして、叡智と共に創造力をいかし、あなたらしく生きると決めてください。魂の望むままに、あるがままのあなたで・・・。

PROFILE

プロフィール

川口 真由実
セラピスト 川口 真由実 Mayumi Kawaguchi

・ ハコミ公認トレーナー
・ (社)認定心理士
・ ゼロリセット・インストラクター
・ キーアートインストラクター

大阪生まれ、大阪在住。
武蔵野大学(通信制)卒、心理学専攻。その後、立命館大学大学院で応用人間科学研究所・臨床心理域にて科目等履生として2年間在学し「精神医学」「家族関係論」「家族造形法」「人間学」他単位修得。また関西学院大学人間福祉学部において「死生学」を学ぶ。

カウンセラー養成トレーニングコースを受講、ホスピスや緩和ケア病棟にてカウンセリングボランティアを経験する。
2001年に創始者ロン・クルツ博士の身体指向の心理療法 ハコミセラピーに出会い、3年間の公式ハコミセラピスト・トレーニングコースを修了し2007年にハコミ認定セラピストを取得。2012年にハコミ公認ティーチャーを取得。2016年、ハコミ公認トレーナーを取得。

2005年に「ハコミ・ジャパン大阪事務局」設立、大阪でもワーショップを開催。

2010年に「ヒーリングスペース夢宇」を開設、心理療法の個人セッションを始める。

同時に OHTS「大阪ハコミセラピースクール」関西においてのハコミセラピスト養成機関を設立、2018年より養成講座を休止中。

ハコミワークショップを主催する傍ら、講師としても依頼を受け各地で活躍中。

ハコミセラピー以外の心理療法として、催眠療法、カウンセリング、アートセラピー他

医療機関「小西統合医療内科」、2016年より現在は「癒しの杜-にしかわクリニック」にて、個人セッションやグループワークに携わる。
JHEN(日本ハコミ・エデュケーション・ネットワーク)所属

日本心理士学会/医療催眠学会/日本トランスパーソナル心理学・精神医学会 会員

佐伯 博美
セラピスト 佐伯 博美 Mayumi Kawaguchi

・ マインドフルネス&カラーセラピー(MCTA)代表
・ 心理カウンセラー
・ ゼロリセット・インストラクター
・ TCカラーセラピー・トレーナー
・ ハコミトレーニングコース修了
・ 楽筆講師

枚方在住。
2009年乳がん宣告が人生の転機となる。
NPO法人京阪総合カウンセリングで心理カウンセラー、カウンセラー育成講座の講師を務めるが、さらに活動の場を広める為に独立し、現在に至る。

ページ上部へ戻る